いわて若者会議

いわて若者会議とは?

岩手県で活動している若者や何かしてみたい若者の交流の場です。

東日本大震災津波からの復興と、その後の岩手の未来に向け、県民一丸となった取組を進める中で、 高校生・専門学校生・大学生や社会人等の県内外の多くの若者が、今、何かしなければならないと立ち上がり、まちづくりやボランティア活動などで活躍しています。

今回のイベントは、一昨年、昨年に引き続き、第3回目の開催となります。

本年度は、「みんなで岩手を盛り上げよう」をテーマに、「岩手で活躍する若者を紹介する」とともに「活躍している若者」と「何かに取り組みたい若者」が交流する「場」を設定することにより、「面白いこと」をするきっかけを作ることを目的に開催します。

いわて若者活躍支援宣言

開催情報

開催日時 平成28年2月14日(日)
トークセッション 13:30から15:30(予定)
ブースセッション 13:00から17:30(予定)
開催場所 Nanak 7階Nanakのページへ
定員 300名
参加費 無料(予約不要)
イベントスケジュール
13:00~(予定)
ブースセッション
いろいろな活動をしている若者団体から、普段の取組内容や成果を展示・発表していただきます。
13:30~(予定)
トークセッション
それぞれの地域や分野で活躍している若者たちが登場し、知事を交えて「岩手を若者で盛り上げるためにはどうすれば良いか?」を語り合います。

メンバー:

  • ふじポン 氏 <マルチタレント>
  • 大建ももこ 氏 <金田一温泉郷「おぼない旅館」若女将>
  • 黒沢惟人 氏 <特定非営利活動法人wiz理事/COO>
  • 熊谷敏行 氏 <株式会社エフビー 工程設計課 主事>

<トークセッションメンバー>

ふじポン 氏
マルチタレント

盛岡市出身。岩手にこだわる地元タレントとしてテレビ、ラジオに出演。岩手競馬情報番組にも出演し岩手競馬を応援、地元を盛り上げている。また、岩手県公式インターネット番組「いわて希望チャンネル」のMCも務める。

<トークセッションメンバー>

大建ももこ 氏
金田一温泉郷「おぼない旅館」若女将

青森県出身。八戸の広告代理店に勤務中、金田一温泉の取材がきっかけで現在に至る。漫画「ハイキュー!!」を活用した金田一温泉の振興に取り組む。岩手県県北広域振興局・カシオペア連邦局おもてなし課の課長も務める。

<トークセッションメンバー>

黒沢惟人 氏
特定非営利活動法人wiz理事/COO

奥州市出身。岩手県立大学卒業後、東京でSEとして働く。震災後にUターンし、大船渡市などでの復興事業の立上げを複数行い、2014年4月にwizを設立。若者にとって岩手が将来的な選択肢になる機会を提供するために活動中。

<トークセッションメンバー>

熊谷敏行 氏
株式会社エフビー 工程設計課 主事

神奈川県出身。10歳のとき父親の転勤で宮古市に移住。高校卒業後、株式会社エフビー(山田町)入社、県内就職を果たす。2011年に企業派遣生として岩手県立産業技術短期大学校で1年間研究を行う。現在、学んだ成果を生かして高品質な金型設計に携わる。

出展団体紹介

学生出展団体

1

盛岡大学学友会ボランティア委員会 結‐You‐

地域に愛され、学生が誰かのために主体的に行動し岩手県全体が魅力ある県としてよりよくなるために学生としてできることを精いっぱいやりたいです!皆さんの一杯の声を聞きたいです!よろしくお願いします。

     

2

地域創造学習プログラム(岩手県立大学)

岩手県立大学の地域創造学習プログラムは、1・2年生を対象に、2日間かけて岩手県内の市町村でフィールドワークを実施しています。このプログラムの目的は「いわてに学ぶ」という視点から、大学での主体的・能動的な「学び」へのきっかけに繋げることです。最も特徴的な点は、各コースの企画や運営を教職員と学生が協働して行っていることです。ここでは、地域の人と交流しながら、学生が地域の魅力や課題を知ることもできます。

       

3

岩手県立大学 学生ボランティアセンター

岩手県立大学学生ボランティアセンターは、新潟県中越沖地震がきっかけでできた岩手県立大学の一組織です。普段は、日常業務としてスタッフが常駐し、外部のボランティア募集と、ボランティアをしたい学生を繋ぐボランティアコーディネートを行っています。その他にもスタッフが企画や運営をする「プロジェクト活動」を行っており、滝沢市や西和賀町など地域に出て、地域の方々と一緒に活動も行っています。

4

盛岡カレッジオブビジネス

【パティシェ科】
【ブライダルビジネス科】
【観光ビジネス科】

「人を笑顔にしたい」その気持ちをカタチにするのがモリカレです。サービス業に限らず仕事はすべて「人と人」の関係があって成り立つもの。夢に向かってチャレンジする学生が集う専門学校です。

 
    

地域活動団体

1

「岩手わかすフェスin東京」実行委員会

【2月20日開催!岩手わかすフェス!】

岩手の可能性を広げる『岩手わかすフェスin東京』を2月20日に開催します!知られざる、変化する岩手と、観光でも、仕事でも、ボランティアでもない新しい関係を作るイベントを開催します。岩手には面白い、人・モノ・コトが溢れているのに、東京でイマイチ知られていないなんて、もったいない!そんな思いからキックオフした企画です。あなたと岩手の出会いが、岩手を熱く、もっと面白く「わかし」ます!

       

2

金ケ崎町地域おこし協力隊

【千貫石太郎が金ケ崎の魅力を紹介するぞ!】

金ケ崎町地域おこし協力隊は謎の覆面住人千貫石太郎との連携のもと、金ケ崎の歴史遺産の魅力を一人でも多くの方に知ってもらおうと日々奮闘しています。工業団地だけではない金ケ崎の別の一面を皆さまに紹介したいと思います。

3

シェアピース

一人でやるには骨の折れる作業となる工作や手芸を、制作過程をシェアすることで完成に導く「シェアクリエイト」という活動を行っています。工作や手芸が得意な人も苦手な人も、できる範囲で協力し合って作品が続々と生まれています。また、協力して制作する過程でつながりや出会いが生まれ、地域コミュニティが活性化していくことを目指しています。当日はこれまでシェアクリエイトで創ってきた作品を展示します。

4

特定非営利活動法人wiz

【若手のネットワークで岩手を盛り上げる!】

wizは「若手のネットワークで岩手を盛り上げる」をビジョンに、イベント・セミナーの実施、実践型インターンシップのコーディネート、U・Iターン促進活動等を行っています。今回は、学生が県内企業経営者と共に新規事業・課題解決にチャレンジする「実践型インターンシップ」と、wizの運営する岩手特化型クラウドファンディング「いしわり」についてご紹介します。ぜひお立ち寄りくださいませ!

 

「いわて若者アイディア実現補助事業」の実施団体

1

東北ふるさとづくりパートナーズ

【いわての栞】

“ふるさとづくり”という価値や仕組みの提示を通じて、自分の故郷に積極的に関わったり故郷ではないがその地域に特別な想いを持ってその地域に関わり続ける仲間づくりを行う若者団体です。“ふるさとづくり”とは、「ある場所に心を寄せること(精神的態度)と、そこに関わること(実践的態度)の繰り返しである。」という定義がされています。人と東北の新しい関わり方を創出していきます。

       

2

北ウェルCKB(地域活性部)

【Make revolution 2015♪ ~盛岡駅西口から地域へ~】

北ウェルCKB(地域活性部)は盛岡駅西口に拠点を置き、専門学校の学生や地域社会とコラボすることで、地域活性化を目指しています。
地域の清掃・美化活動(チームC)、地域の行事への参加・交流(チームK)、知識を普及するための広報活動の実施(チームB)、地域住民の健康に役立つ情報などのサロンの開催(CKB活動)を内容として活動しています。

3

若興人の家

こんにちは!若興人の家です!
私たちは「陸前高田市の交流人口の増加」を目的とし、地域の歴史・文化・産業の調査及びヒアリングを実施、最終的に陸前高田の魅力がつまった冊子をつくる活動をしております。2016年度には冊子づくりだけでなく、夏頃に陸前高田市や復興に関するアートイベントも行う予定となっております。現在メンバーを大募集中ですので、興味のある方はお気軽にご連絡ください!

4

MAKE the LINE

【MAKE the LINE 活動報告】

盛岡市を起点にハンドバイク(手で漕ぐ三輪の自転車)を使って、サイクルイベントを行ったり、バリアフリーの認知度を高める為に、交流会を行っています。

       

5

子どもの夢応援プロジェクト会

【ドリームシードプロジェクト イベント告知ブース】

将来岩手に戻ってきたい、活躍する大人を目指したい、そういう社会を創っていきたいと考える子ども、親が夢を語るイベントを毎年開催することによりオトナとコドモをつなげる場所の提供、そこで出た夢を応援する支援の場所を地域に創ることが大きな目的としています。そのために岩手で活躍する大人の紹介も行い、さらに地域貢献、社会貢献を考えるきっかけを与える身近なイベント実施の第一弾として、3月24日18時半よりおでってホール「ドリーム・シード・プロジェクト」と称した子どもが夢をプレゼンするイベントを実施します。そこでの優秀発表者には今後一年、ラジオ出演やドキュメントの撮影なども含め支援をしていくものとします。

6

一般社団法人盛岡青年会議所

カチコンMORIOKA ~多様性がいきいきとつながる地域へ

一般社団法人盛岡青年会議所(以下、盛岡JC)とは、『明るい豊かな社会』の実現を目指し、様々な活動を行う団体です。次世代のあるべき姿を見据え、市民・企業・行政・諸団体と連携しながら、主体性を持って活動を行っています。 社会を様々な角度から多面的に捉え、社会発展のための運動を実施しています。盛岡JCは、次世代の担い手としての責任を自覚する青年(20歳から40歳)が集う団体です。 同じ理想と使命感を持つ青年が集い力を合わせることで、友情を育み、互いに切磋琢磨し、 若さが持つ無限の可能性を引き出しあっています。 日々の活動を通じて、社会・地域のリーダーや指導者としての能力を鍛えることも行っています。

7

モーリィのちからこぶ

【陸前高田市地域交流ボランティア 公営住宅「夏祭り」「クリスマス会」】

私たちは、盛岡医療福祉専門学校・保育福祉学科の2年生有志の17人です。「モーリィのちからこぶ」という団体です。「モーリィ」とは学校のマスコットキャラクター「見習い天使」です。まだまだ見習いの私たちですが、みんなの知恵と力を集めて、被災地支援に取り組んでいます。陸前高田市の復興住宅では地域間交流、世代間交流を行い、少しでも活性化の力に慣れればと企画しました。高齢者の方々や子どもたちの笑顔が大好きな私たちです。

       

8

ランプアップいわて

ハートとハードのバリアフリーを岩手から全国に

ランプ(車椅子段差解消用スロープ)をデザイン・製作する団体です。ハード面のバリア(段差)とソフト面のバリア(心のバリア)を解消すべく、ランプを1つのツールとして2つのバリアフリーを推進しています。「どうせやるならかっこよく」をテーマに、岩手県産の木材を使用し、Made in Iwateのランプを世界中に発信します!

9

玉山区農産物PRプロジェクト

玉山区の農産物と食をキーワードに地域課成果に取り組む団体です。地域にないものは、近隣と連携して開発・販売し、互いの地域仮題を共有・応援しあえる関係性を築く取り組みもしています。

10

チームいわてびと

夢をもって一歩を踏み出せ!!ワカモノ夢プロジェクト

チームいわてびとは、ふじポンを中心として、人材育成・ラジオ放送を通じた復興支援などを行っている団体です。いわての頑張っている人を応援するラジオ番組「わん(こ)ラジオ」も放送中です。

       

11

北上てらこや

北上てらこやは小学生から20代の若者までの世代間の交流をメインテーマに活動しています。世代間を越えた協力関係を築き、地元の良さを再発見し、その再発見した良さを今度は発信することを活動手法としています。成長して大人になって、この街に住んでて良かったという誇り、または地元北上市へやはり戻りたいといった強い思いを抱けるような青少年たちを増やしていくことが将来への目的です。

若者支援団体

1

青少年活動交流センター

【青少年活動交流センターボランティア活動の紹介】

青少年活動交流センターは、青少年の健全育成にむけて、主体的に活動する青少年を、育成・支援するための拠点施設です。 (※活動機能、交流機能、情報機能、相談機能の4つの機能をもち、様々な事業を実施)

       

2

ジョブカフェいわて

岩手県が設置している若者の就職・仕事の支援施設です。おおむね35歳までの方を対象に、就職活動や仕事に関する相談に、専門のスタッフがじっくりお応えしています。就職活動に役立つセミナーも定期的に開催しています。また、高等学校・大学等での就職支援セミナーや、企業の人材育成・定着のための研修も実施しています。求職活動中の方、学生の皆さん、お仕事をされている皆さんにご利用いただけます。利用はすべて無料です。

3

いわて産業振興センター

中小企業診断士をはじめとする多数のコンサルタントで構成される特別チーム「よろず支援拠点」、及び総合相談窓口において起業・創業に関する相談を受け付けています。なお、「よろず支援拠点」は完全予約制ですので、事前に電話・Eメール等で相談のスケジュールを予約していただく必要があります。

1

日本政策金融公庫

【日本公庫では、若者の創業支援、ソーシャルビジネス・コミュニティビジネスの支援をしています】

日本公庫では、政策金融機関として若者の創業支援やソーシャルビジネス・コミュニティビジネスを運営されているみなさまを支援させていただいております。事業計画の策定の支援や金融支援のほか様々なサポートメニューを用意しています。お気軽にご相談をお願いいたします。

岩手県関連団体

1

美女旅×いわて(県南広域振興局)

「美女旅×いわて」は、地元に住み地元を愛する女性が、若者・女性目線で地元を紹介する観光プロモーションとして、パンフレットやSNSを活用しながら岩手の魅力を新たな視点で情報発信しています。

       

2

チームケロ平(県南広域振興局)

【世界遺産平泉PRキャラクター「ケロ平」】

世界遺産平泉への関心を高めるべく、全国を跳びまわっています。これからも沢山の方達との出会いを楽しみに、活動していきます。
『応援、よろしくケロ~!!』

3

希望郷いわて国体・希望郷いわて大会実行委員会

花いっぱい運動や、きれいなまちづくり、あいさつ運動、まちの魅力紹介など、全国の皆様を、岩手らしいおもてなしの心でお迎えする取組を進めています。集え若者達!希望郷いわて国体・希望郷いわて大会で全国から集まるアスリート達を迎えるには、岩手の多くの若者の力が必要です。平成28年3月31日まで「運営ボランティア」を募るほか、式典演技や競技補助、その他多くの活躍の場があります。みんなで「広げよう 感動。伝えよう 感謝。」

4

いわて銀河プラザ応援女子会 anecco.

2010年7月に結成された、東京・東銀座にある岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」を応援する、岩手県出身東京近郊在住OLの会。①若い女性を意味する方言「あねっこ」、②岩手の魅力がより多くの人の心に「根付く」ようにという思いで命名。メンバー&サポーターは約20人。様々な長所を持つアネッコが、いわて銀河プラザを盛り上げる企画をボランティアで考案・実施しています! ブログ、FB、twitterにアクセスしてみてください!

       

5

岩手県庁 第3期若手ゼミ

県庁内の若手職員が部局の枠を超えて「若者のための施策」を考えるために発足した若手ゼミ。「 Update ~若者のチカラで岩手をアップデートする~」をテーマに、インタビューやワークショップを重ね、知事報告を経て7つの施策をまとめました。

お問い合わせ

「いわて若者会議」についてのお問い合わせは、こちらのご連絡先までお願いします。

お問い合わせ先:岩手県環境生活部・若者女性協同推進室 tel.019-629-5348

ページの先頭へ